JASPECは福祉用具の安全性を高めるための評価機関です。

一般社団法人日本福祉用具評価センターは、福祉用具におけるハードの安全性を試験・評価する機関です。 試験依頼者からのいかなる影響も受けない独立した機関で、試験事業者登録機関(JNLA制度登録事業者識別番号080261JP)で、福祉用具の安全・安心な利用促進のために、付帯事業を行っています。 また、国及び関連団体と連携して、安全な福祉用具の供給システムの構築を目指しています。

試験評価に関する記事

photo04_lphoto04_l

安全確認試験に関する記事をこちらで掲載しております。
試験をする際に重要な内容もありますのでぜひ読んでいただきたい内容です。

車椅子安全整備士に関する記事

DSCF4053DSCF4053

車椅子安全整備士に関する記事を掲載しております。
車椅子安全整備士試験や整備についての内容を書いております。

福祉用具の安全性に関する記事

wheelchair-3948122_1280wheelchair-3948122_1280

福祉用具の安全性への認知度を高めていくための記事です。
福祉用具に限りませんが、第三者試験機関での試験で安全性を確認をされた製品を使用する必要性を訴えていきます。

img01

JASPEC法人概要

JASPECは福祉用具専門の、独立した第三者試験評価機関です。新JIS制度に基づき、製品の評価・認証を行います。

photo-1581090465357-c8a1f71f0407

福祉用具=必要な道具

福祉用具は高齢者・障害者の生活環境を大きく広げます。身体に密着して使用するため、耐久性・安全性が求められます。

team-spirit-2447163_1280

JASPEC評価認証効果

JASPECは福祉用具の社会的認知を目指しています。メーカー様にはニーズに基づく製品作りのサポートとなります。

DSCF3648

車いす安全整備士試験

車いすの点検整備と安全利用の指導について専門的な技能を持つ、車いす安全整備制度の中心的役割を果たす技術者です。

intro_img

JASPEC試験設備

JASPECでは、走行耐久性試験から耐荷重試験、衝撃性耐久性試験など、様々な角度から製品の安全性をテストしています。

photo-1568187113326-974ff6d0c6b6

セミナー・講師派遣

お気軽にお問い合わせください。078-306-0556受付時間 9:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ
MENU