公平性へのコミットメントについて

公平性のコミットメント

JASPECは、福祉用具の製品試験業務において、公平で透明度の高いサービスを提供することを第一の使命として認識しています。
このため、JASPECは法令や適用規格を遵守し、公平性に対して影響を及ぼす要因を常に特定して、客観的な評価基準による製品試験を実施することを確実に行います。

2020年2月1日
田中 理

製品試験所が試験結果データを提供するために、最も重要なことは中立・公平であることです。
JIS認証機関や製造事業者等、顧客からの製品試験実施依頼の対価により、経営が成り立っています。
このことは、ともすれば公平性に疑義を抱かれやすい環境とも言えます。だからこそ、製品試験所には利害関係者やその他のいかなる圧力にも制限を受けることのないよう中立な立場で公平な製品試験を実施することが求められています。

JASPECは、この中立性・公平性を以て、顧客や市場・社会から信頼いただくことが第一であると考えています。 そのために、福祉用具専門試験所としての矜持を持ち、試験員はじめすべての職員が内部・外部からの圧力を受けることなく適切な業務が遂行できるよう、常に監視する体制を整えて公平性の確保に努めてまいります。

 

機密保持のコミットメント

  • JASPECは、JIS Q 17025:2018(ISO/IEC 17025:2017)に従い、依頼者が公開している情報またはJASPECと依頼者が合意している場合を除き、試験を実施するにあたり入手または作成した全ての情報について機密を保持いたします。
  • JASPECは、試験の再委託先、外部機関の要員、JASPECが設置する委員会のメンバー等に対しても、試験を実施するにあたり入手または作成した全ての情報について、同等の機密保持義務を課します。

Follow me!

    次の記事

    車いす 点検項目一覧