お知らせ

  1. ホーム
  2. お知らせ
福祉用具/介護用品の試験申込・お問い合わせ

ロボット介護機器開発・導入促進事業成果報告会(2017.09.19)

ロボット介護機器開発・導入促進事業成果報告会が、国際福祉機器展H.C.R.2017初日(9/27)に開催されます。

  • 開催趣旨: ロボット介護機器開発・導入促進事業の進捗状況について報告を行います。

  • 主催: 国立研究開発法人 日本医療研究開発機構(AMED)、経済産業省

  • 日時: 平成28 927()10:0017:00 (国際福祉機器展H.C.R.2017 初日)

  • 会場: 東京ビッグサイト会議棟1F 102会議室

  • 定員: 120名(無料、事前登録制)

  • 参加申込み・問い合わせ: 一般社団法人日本ロボット工業会

  • メール:  robot-kaigokiki@jara.jp  ((at)@に置き換えてください。)

  • 電話: 03-3434-2919

  • 申込み締切: 2017925日(月曜日)1200 (延長されました。)

  • 申込み用紙: 専用用紙を介護ロボットポータルサイトからダウンロードして下さい。http://robotcare.jp/wp-content/uploads/2017/02/listexcel.gif

    【介護ロボットポータルサイト】
    HCR成果報告会
    http://robotcare.jp/?p=6113
    HCR内事業ブース展示
    http://robotcare.jp/?p=5771
    2017国際ロボット展内事業ブース展示
    http://robotcare.jp/?p=5772

     

    参画しているJASPECは、9/27(展示会初日)15:50-16:15に、「安全なロボット介護機器開発に求める視点」というテーマで、説明することになっています。

HCR展示会にご参加予定の方は、是非お立ち寄り下さい。


2017年度 第3回 年間定例ほっとデスクセミナー開催のお知らせ(2017.09.13)

第3回年間定例ほっとデスクセミナーのご案内をいたします。

今回は、歩行補助用具に関する選定や問題点、入浴用具・排泄用具の必要機能の理由、入浴と排泄に関わる高齢者身体特性がテーマになっております。

身体状況としては、比較的介護度が低い方に提供されている用具が主テーマとなります。
予防的観点での用具の供給がされていなければ、結果として介護量や介護力を増大させてしまうという流れをSTOPさせるためにも、是非知っていただき、広めていただきたい知識ですので、皆様のご参加をお待ちしております。

 

※弊センターの規程改訂に伴い、今回から昼食は希望制(代金別途)になります。


2017年度 第2回 年間定例ほっとデスクセミナー実施アンケート集計報告(2017.09.12)

8月26日(土)~27日(日)の二日間で開催しました、年間定例セミナーのアンケート集計結果を報告いたします。
今回は「車椅子」をテーマに、苦情への簡易対応整備や、選定に必須の機能分類、間違った選定による二次障害等、日常の提供(情報含む)に則する内容で開催いたしました。


【締切】第39回車いす安全整備士養成講座 開催のご案内(2017.08.22)

 

現在、、定員に達したためキャンセル待ちでの受付となります。ご了承ください。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

2017年10月13日

(金)、10月14日(土)、10月15日(日)に、埼玉県産業技術総合センターにおいて、第39回目の車いす安全整備士養成講座を開催します。

 

申込用紙も同資料内(5P目)にございますので、必要事項をご記入いただき、FAXにてお申込みください。(本日14時~15時辺りまでは大変な混雑が予想されます。予めご了承くださいますよう、よろしくお願い申し上げます)。

再受講の方も同様のものにて、お申込ください。

(ご予約をいただいている方につきましても、別途申込用紙送付を必ずお願いいたします)

 

申込にあたりまして、下記ページより「車いす安全整備士養成講座 受講までの流れ」を一度ご確認ください。

http://www.jaspec.jp/seminar.php

 

今回は予約の時点で枠の半数以上の申込みがあり、お受け出来る残り人数が大変少なくなっております。

また、レンタル車いすについても、数に限りがございますので、お申込みを希望される方はお早めにお申込みください。

  

皆さまのお申し込みを心よりお待ち申し上げております。

 

※本開催は3日間開催となりますので、予めご了承のうえ、

 

 お申込みのほど、よろしくお願いいたします。

 


【締切】第38回車いす安全整備士養成講座 開催のご案内(2017.08.02)

第38回の受付は、現在キャンセル待ちでのご登録となります。

 

------------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

詳細については、下記「【第38回】車いす安全整備士養成講座 開催のご案内」にてご確認下さい。

申込用紙も同資料内(5P目)にございますので、必要事項をご記入いただき、FAXにてお申込み下さい。(申込み掲載日の14時~15時辺りまでは大変な混雑が予想されます。予めご了承下さいますよう、よろしくお願い申し上げます)。

再受講の方も同様のものにて、お申込下さい。

(ご予約を頂いている方につきましても、別途申込用紙送付を必ずお願い致します)

 

申込をいただくにあたり、下記ページより閲覧いただける「車いす安全整備士養成講座 受講までの流れ」を一度ご確認下さい。

http://www.jaspec.jp/seminar.php

 

今回は予約の時点で枠の半数以上の申込みがあり、お受け出来る残り人数が大変少なくなっております。

また、レンタル車いすについても、数に限りがございますので、お申込みを希望される方はお早めにお申込み下さい。

 

また、神戸開催時限定で、車いす安全整備士養成講座の開催日前日に、JASPECにて事前に実技講習を体験して頂ける「プラス講習」を開催致します。

詳しくは、下記PDF「プラス講習のご案内」にてご確認願います(プラス講習は少人数制となっております。申込人数に達した時点で募集を締め切らせて頂きますので、お早目にお申込下さい)。

初めての方や、自信のない方に大変おススメな講習となっておりますので、是非ともご受講をお待ちしております。

  

皆さまのお申し込みを心よりお待ち申し上げております。


2017年7月12日開催福祉用具専門相談員協会兵庫ブロック研修会 結果報告(2017.07.18)

ふくせん兵庫ブロックが主催するセミナーで、「ケアマネから信頼される福祉用具専門相談となるために必要なスキル(知識・技術)」というテーマをいただき、講師をさせていただきました。
参加枠を超える受講希望申込があり、受講できない人もいたとのことで、このテーマに対する期待へのプレッシャーと闘いながらでの講義をさせていただきました。
本来は、本テーマを含んでの「営業セミナー」と称して10:00~17:00×二日間で行ってきた内容を、今回のセミナーでは1.5時間に凝縮したため、抽出したエッセンスの概要を説明したという、かなりの濃縮ver.でしたので、詳細・実際の実施手順・自社分析(他社比較込み)の数値化・販促のチラシ作成・プレゼンロールプレイ等が含まれていない実施内容にならざるを得ない状況でしたが、多くの高評価をいただきました。
しかし、時間が足りないとは言え、「販促」にかける時間が圧迫し、エッセンスの概要としても、不足していたことについての反省をしていたところ、アンケート結果でも一割に満たないとは言え、不満足という評価があり、深く受け止めなければならないと考えております。
機会があれば、本テーマに限らず、講師受託を承っておりますので、何か御計画されている場合は、一度JASPEC講師をご検討下さい。


【開催終了】2017年度 第2回 年間定例ほっとデスクセミナー開催のお知らせ(2017.07.04)

2017年度の年間定例ほっとデスクセミナー第2回のご案内をいたします。

8月26日(土)~27日(日)の二日間、車椅子をテーマに開催いたします。二日連続で受講いただく内容になっていますが、ご都合により「一日だけの受講でも構わないので受けたい」という方も承ります。

・簡易的にできるクレーム対応メンテナンス実技(要、工具)
・機能分類から観る選定
・人体に与えるフィッティングの影響(車いすと人体の適合)
・構造の理解による車いす選定と、魔改造防止のための必要理論

上記4点が主テーマになっています。

また、体験用に車椅子クッションも多数に用意しています。

「ここが知りたかった」と満足して頂けると自負しておりますので、是非ご参加下さい。


【開催終了】第37回車いす安全整備士養成講座 開催のご案内(2017.05.30)

本開催は終了しております。

 

--------------------------------------------------------------------------------------

 

2017729日(土)、730日(日)に、株式会社ニチイ学館 神戸ポートアイランドセンターにおいて、第37回目の車いす安全整備士養成講座を開催します。

 

詳細については、下記「【第37回】車いす安全整備士養成講座 開催のご案内」にてご確認下さい。

申込用紙も同資料内(5P目)にございますので、必要事項をご記入いただき、FAXにてお申込み下さい。(申込み掲載日の14時~15時辺りまでは大変な混雑が予想されます。予めご了承下さいますよう、よろしくお願い申し上げます)。

再受講の方も同様のものにて、お申込下さい。

(ご予約を頂いている方につきましても、別途申込用紙送付を必ずお願い致します)

 

申込をいただくにあたり、下記ページより閲覧いただける「車いす安全整備士養成講座 受講までの流れ」を一度ご確認下さい。

http://www.jaspec.jp/seminar.php

 

今回は予約の時点で枠の半数以上の申込みがあり、お受け出来る残り人数が大変少なくなっております。

また、レンタル車いすについても、数に限りがございますので、お申込みを希望される方はお早めにお申込み下さい。

 

また、神戸開催時限定で、車いす安全整備士養成講座の開催日前日に、JASPECにて事前に実技講習を体験して頂ける「プラス講習」を開催致します。

詳しくは、下記PDF「プラス講習のご案内」にてご確認願います(プラス講習は少人数制となっております。申込人数に達した時点で募集を締め切らせて頂きますので、お早目にお申込下さい)。

初めての方や、自信のない方に大変おススメな講習となっておりますので、是非ともご受講をお待ちしております。

  

皆さまのお申し込みを心よりお待ち申し上げております。

 


2017年度 第1回 年間定例ほっとデスクセミナー実施アンケート集計報告(2017.06.23)

6月17日(金)~18日(土)の二日間で開催いたしました、今年度最初の年間定例セミナーのアンケート集計結果を報告いたします。


毎回ながら、「腹圧による廃用性症候群と言うべき、心肺機能の低下と、体力の低下」、「上半身を起こす必要性」と「ベッド本体のハイローの本当の必要性」についてお話させていただくと、「腹圧がダメなのは知っているがなぜダメなのか説明できない」ことや、「意味の無い『低床至上主義』を刷り込まれている」ことに気づかれる方が多く、弊センターのセミナーの有効性を再認識しております。


2017年度車いす安全整備士養成講座 開催計画のご案内(2017.06.20)

2017年度下期を含めた車いす安全整備士養成講座の開催計画を掲載いたします。

本書1枚目は各回の日程を記載しており、2枚目にて各回における事前登録(予約等)を募集しています。つきましては、下記PDFをご確認の上、ご予約をいただける場合、お早目に事前登録のほど、よろしくお願いいたします。

(年度末の最終開催のみ、まだ確定しておりませんので、決まり次第、再度掲載いたします)

 

 

なお、第39回 関東開催につきましては、10月13日(金)~15日(日)の3日間開催となりますので、ご了承のうえ、お申込みのほどよろしくお願いいたします。

 

※予約は各回20名で締め切らせていただきます。大変人気の講座となっておりますので、お早目の事前登録をお勧めいたします。

 

 

 

※2017年6月21日14:20、第38・39回の予約受付を締切りました。