よくあるご質問

  1. ホーム
  2. よくあるご質問
福祉用具/介護用品の試験申込・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせください TEL:078-306-0556TEL FAX:078-303-0506
WEBからの試験申込・お問い合わせ

よくあるご質問

ほっとデスク加入の特典は新聞の受取と、相談受付だけですか?

年間定例セミナーが無料になります。

また、年間定例セミナー以外のJASPEC主催セミナーを受講する場合は、半額となります。


「基礎知識」とは、どこまでを授業してもらえるのですか?

どんな種類の新商品であろうと、その商品の機能への評価ができるための、知識を主としていますので、人体や動線を主とした考え方をしてもらうために必要な知識を持って頂けるようにしています。


講師はどなたですか?

介護現場の第一線で業務してきた福祉用具業界歴20年のプランナーや、福祉業界の第一世代、日本の福祉用具工学試験の第一人者等経験と情報源の豊富なJASPEC職員が、基本的に講師を務めます。


認証事業

公的な認証ですか?

JASPEC独自認証ですので、公的認証ではありません。


保険はありますか?

ISOの観点を、レンタル卸におけるメンテナンスに特化した評価項目にしていますが、ISOやJISと同じく、規格であって保険ではありません。

リスクマネジメントのエビデンスとして、保険会社との折衝時にご利用いただく分には支障ありません。


申し込んでから評価まで、どれくらいの期間が必要ですか?

お申し込み頂いた後、契約書を交わしますので、その日数はかかります。

契約書が締結されれば、現地へ伺う日程の調整を行います。

評価自体は、取り扱われている商品種類が増えれば、その分だけ時間はかかります。

例えば、介護保険対象品目13品目で「特殊寝台:10種、車いす:40種」を扱うくらいの規模だと、メンテナンス現場工程調査2人工、システム等事務的項目現地調査1人工、書類内容調査4人工程度です。

但し、規模が小さくても、評価項目数自体は同じなので、極端に短期で確認できるようにはなりません。

最終的に評価項目を集計し、成績書として最終報告致しますが、これに2人工程度を要します。

これを目安に概算ください。


全出荷物をまとめて受けなければ、評価自体が受けられないのか?

初めて評価を受けられる際には、車いすだけで評価を受けてから、二回目以降で全部を対象とした評価を受けるか、評価を受ける前に、メンテナンス作業工程の品質に関するセミナー受講による人材育成をして、事前準備を済ませ、それから初めて評価を受ける事をお勧めしています。

あくまでも、スムーズな評価を受けて頂くための推奨ですので、初回から全出荷商品対象でも構いません。